上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく発表された月額料金を巡り、NHN、TERA、そしてそのプレイヤーに緊張が走っている。

「なんだこの値段は」「馬鹿にしているのか」 12日午前8時ごろ、突如TERA公式サイトにて発表された正式サービスの課金額に、ユーザー間でどよめきが走った。
当初予想されていた、月額1500円から2000円というレンジを大幅に上回る、3000円という値段設定。
その情報は瞬く間に広がり、SNSサイト「ツイッター」では一時「3000円」がトレンドワードにまで出現した。

「運営はAIONを知らないのか」 ユーザーたちはオープンベータテスト、クローズドベータテスト、それ以前から月額料金に注目していた。一般にオンラインゲームでは「基本無料のアイテム課金制」で運営されることが多く、月額制のものは数えるほどしか存在しない。
なぜなら基本無料の場合、ユーザーの収益単価は低いものの敷居が低く幅広いユーザー層を獲得できるのに対し、月額制の場合収益単価は高いものの、ゲームそのものに人を惹きつけるような魅力が無いとすぐに顧客が離れて行ってしまうというデメリットがあるためだ。

「確かにTERAは素晴らしいゲームだが、果たして3000円に見合う内容だろうか」(情報サイト編集者)。
国内オンラインゲームの月額課金最高額に並ぶその値段に、疑問の声は多い。
27億円という巨額の開発費によって生まれた、アンリアルエンジンを投入した美麗なグラフィック、壮大なフィールド、そして、今までのMMOとは一線を画すフリーターゲティングシステム。
サービス前からこのように期待されていたゲームだったが、いざ蓋を開けてみるとジョブの差によるパーティーシステムの崩壊や、ただ広いだけで何も存在しないフィールド、そしてコンテンツ不足という問題点が次々に発覚、日本よりも先にサービスを開始していた韓国ではカウントストップしたプレイヤーが即引退するという失態を見せた。

そんなことがあってか、日本では「二の轍は踏まないだろう」と噂されていたにもかかわらず、何故このような不安要素の残る中、強気の値段設定に踏み切ったのか。

その謎に「これがハンゲだから。ドラゴンネストでもう懲りたかと思ったらまたやらかした。ドラゴン課金の次はTERA課金か。というか封印システムってなんだよ、クローズドの時はそんなもの無かっただろ」と、時々怒りに声を荒げながら、オンラインゲームアナリストの来宮幸一氏は答えてくれた。
「AIONは課金額を発表直後、高すぎるという批判によりすぐに値下げしました。そしてサービスをスタートさせたその後は、コンテンツを絶やさないようにと持続的な大型アップデートを行い、今でもそのお陰で相当な人気を誇っています」
「が、BlueholeStudioやNHNにそれが出来るでしょうか。正式サービス初めでは、カンスト後コンテンツの目玉となる政治システムも、50レベルでないと選挙に立候補出来ないという仕様上実装出来ない。それではプレイヤーのモチベーションも下がる一方でしょう」

そして、来宮氏はTERAの限界点についても語ってくれた。

「1週間でカンストする、ジョブバランスの修正もまだ出来ていない、そしてこのコンテンツの少なさ。タイムリミットは正式サービス開始から1ヶ月、この間にNHNがどのようなアップデートを行うかによって今後が左右されるでしょう。3ヶ月分課金をしたユーザーは前払い制なのだから当然3ヶ月はプレイする。ですが、1ヶ月課金をしたユーザーは課金した1ヶ月後に継続するかしないかの選択が出来るのです」

ユーザー間では既に、来宮氏の予想通り「1ヶ月で様子を見て、変わらないようなら引退」という意見でまとまっており、この動きに対しHNNは「注視」に留まっている。
果たして今後TERAがオンラインゲームの市場を塗り替えるのか、それとも、単なる話題で終わってしまうのか、注目が集まっている。
スポンサーサイト
すみません見くびってました超面白いです。


クローズドベータ2日目が終了してほぼカンスト (21レベルの95%ぐらい) した今の感想をお世辞含めて書きたいと思います。






「ノンターゲッティングのおかげで飽きない」


「ノンターゲッティングのおかげで飯を食う時間もない」


「TERA LEADERの倉田です 分からないことがあれば何でも質問してください」


「エリーンがかわいい」


「エリーンにニーソ装備がある」


「ハイエルフもなかなか美人というか思ったより良い」


「グラフィックがやっぱり綺麗」


「グラフィックのおかげでエリーンが可愛い」


「TERA LEADERの倉田です 分からないことがあれば何でも質問してください」


「エリーン鑑賞のおかげで飯を食う時間もない」







UIに関して。
初期設定のボリューム以外は優秀で、今のところ「これは改善してください」といったような不便、不具合はありません。
個人的には百八十度を一瞬で振り向くショートカットキーが欲しいかなってぐらいです。


モンスターに関して。
通常マップでの護衛クエストは正直やめてくださいというか、ペガサス護衛のクエストに至っては押すな駆けるなクエmob殺すなの罵詈雑言が飛び交う世界の終末みたいになっていました。
改善策としてはチャンネルもう少し増やしてくれというのと、ペガサス護衛に限らず対象物のポップ、どっかの商人とか、どっかのロックの書類とか、その間隔を短くしてほしいかなあ、といったところです。


職業に関して。
現時点では火力にそれほど顕著な差が見られないので平等博愛精神でパーティー募集が行われていますが、この先ウォーリアーとプリースト、この二職が修正されず韓国と全く同じ状態なら迫害されるのではないかと懸念していますというか俺ウォーリアーなんですけれどもどうにかしてくださいよどうにかなってますよねマジで。


ノンターゲッティングシステムに関して。
流石にウリなだけあって、この要素の存在によって今までのMMOとは一線を画していると言っても過言ではないと思います。
少し言い過ぎましたけれども、やっぱり「おもしれーwwwww」の一言です。
前述の通り、まず第一に操作のマンネリ、例えば「スキルキー連打の作業ゲー」と呼ばれるような状態にはなっていません。
いやウォーリアーでしかプレイしていないので他の職業を含めては断言出来ないのですけれども「俺はなってないよ!! もしお前の狩りがマンネリ作業ゲーになってるならウォーリアーやろうぜ!!! 絶滅危惧種レベルで見かけない今がチャンス!!!」って宣伝です。


通常攻撃? それ、範囲攻撃w

スキル攻撃? それ、範囲攻撃w

範囲攻撃? それ、範囲攻撃w


みたいな。

某完全MMO AIONの戦闘はまずスキルが30個40個ぐらいあって、そのスキルをどう組み合わせるか、RTSプロゲーマーレベルのキー連打を要求されるようなものでした。
しかしTERAには、WASDでキャラを動かし、マウスを動かし、クリックで通常攻撃、そしてキーボードで敵の隙を見てスキル、といったように、AIONとは違った手元の忙しさがそこにはありました。






取り敢えず、二日目が終了しての現在の感想はこの程度です。

一つ文句があるとすれば、ペガサスを使用しての移動、スキップ出来るようになりませんか。
「グラフィック魅せたいのは分かりますけれども廃人は一分一秒を争ってるんでww」
ってプレイヤーの声です。プレイヤー。TLもプレイヤー。





また4日目が終了後、最終的なレビューをアップすると思います。終わり。



















TERA_ScreenShot_20110703_011857 (0-00-00-00)

文中タイミングが無くて出せなかったTERAのスクリーンショットというかエリーンのニーソのスクリーンショット。

「このニーソUT3エンジンのテカテカ具合が良いね」なんて言ったら変態扱いされそうなのでやめときます。
ワハハ

人生BLOOD-C

AfterEffectsでの動画制作
大賞応募用ライトノベル執筆
ツインエンジェル3パチンカス

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
 | HOME | 
Copyright © 2011 あ、ああ、ワハハ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。